【2019年最新】光回線の種類と特徴【光ファイバー】

特集

光回線は現在のインターネット接続の主流となっている回線です。

光回線とは、光ファイバーを使用してレーザー光で通信をする回線の事です。

現在も使われていますが、以前の主流だったADSL回線はメタル回線と呼ばれる電話回線を利用し電気で通信していました。

光を利用する事により電気の影響を受けないことからノイズなどの影響を受けないないので強く、安定した通信ができます。

光回線を選択するポイントとしては速さと値段、あとは利用者の数などがあげられると思います。

今回は、様々ある中から一部ですが光回線を紹介していきます。

【2019年最新】光回線の種類と特徴【光ファイバー】


インターネット回線とプロバイダについて

インターネットを使うという事は回線業者と「プロバイダ」と呼ばれる事業者とも契約が必要です。

プロバイダとは「IPS(インターネット・サービス・プロバイダ)」といい、インターネットへの接続サービスを提供している事業者の事です。

回線業者が敷いた回線を使えるように入り口を作るのが「プロバイダ」みたいなイメージです。

回線業者の中には独自の光ファイバーでサービスを提供しているところとNTTの光ファイバーをレンタルしてサービスを提供しているところがあります。

NTTは国からの支援で全国に光ファイバーを敷設してきましたが独占は出来ないことになっておりこのような形になっているみたいです。

回線業者の種類は以下にまとめました。

回線業者の種類

・NTT東日本、西日本・・・フレッツ光、光コラボレーションなど

・KDDI・・・auひかり

・Softbank・・・SoftBank 光、Yahoo! BB 光など

・So-net・・・NURO光

・アルテリア・・・UCOM

・電力会社系・・・eoひかり(関西)、コミュファ光(中部)、Pikara(四国)、BBIQ(九州)など

・ケーブルテレビ会社・・・JCOM

・モバイルルーター系の会社・・・UQ WiMAX、Y!モバイルなど

フレッツ光

フレッツ光とは、NTT東日本、西日本のフレッツ網を利用したサービスのブランドです。

最大1GHzのインターネットや、wi-fi、電話、テレビなど様々なサービスを展開しています。

主なプロバイダは以下にまとめています。

 

フレッツ光料金表(一例)
フレッツ 光ネクスト[戸建て向け] フレッツ 光ネクスト[集合住宅向け]
ギガファミリー・スマートタイプ 月額5,100円~(2年契約) 月額3,450円~(2年契約)※1
ファミリー・ギガラインタイプ 月額4,200円~(2年契約) ※2 月額3,700円~(2年契約) ※1、2
ハイスピードタイプ 月額4,900円~(2年契約) 月額3,150円~(2年契約)※1

※1・・・居住しているマンションの部屋戸数によって違います。
※2・・・契約するプロバイダによって違います。

 

光コラボレーション

NTT東日本・西日本が提供している光回線(フレッツ光)を光コラボレーション事業者に卸売し、各事業者が提供しているサービスを光コラボレーションと言います。

回線はフレッツ光と全く同じものであるため、速度や品質そのままに、光コラボレーション事業者独自のキャンペーンやプラスしたサービスを受けることができます。

下記に光コラボレーションでサービスを提供している主な事業所をまとめています。

 

光コラボ一覧(一例)
事業所名 サービス名 詳細
OCN OCN光 OCN光 公式サイト
BIGLOBE BIGLOBE光 BIGLOBE光 公式サイト
So-net So-net光プラス So-net光プラス 公式サイト
Softbank Softbank光 Softbank光 公式サイト

 

auひかり

auひかりとは、KDDIの光ファイバー網とNTT東西のダークファイバーを利用したサービスを提供するブランドです。

上下最大100Mbps、1Gbps、5Gbpsまたは「10Gbps」のインターネット接続サービスが特徴となっています。

主なプロバイダは以下にまとめています。

 

 

auひかり料金表
auひかりマンションギガ auひかりホーム1ギガ auひかりホーム5ギガ auひかりホーム10ギガ
お得プランA/標準プラン 4,550円/月~
ずっとギガ得プラン(3年契約) 5,600円/月~ 5,600円/月~ 6,380円/月~
ギガ得プラン(2年契約) 5,700円/月~ 6,200円/月~ 6,980円/月~
標準プラン(契約期間のお約束なし) 6,800円/月~ 7,300円/月~ 8,080円/月~

※インターネット+電話の料金です。
 

auひかりオプション
auひかり 電話 auひかり テレビ au Home
月額料金 500円/月~ 1,980円/月 全42チャンネル 490円+デバイス購入代金/月~

 

NURO光

NURO光とはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営している光回線サービスです。

超高速2Gbps,6Gbps,10Gbpsの回線速度が使えるというのが特徴です。対応しているエリアは1都6県の関東エリア、関西2府3県、東海4県と少し限定されています。

NURO光のプロバイダは現在So-netのみとなっています。

キャンペーンサイト

NURO光 公式サイト

NURO光 正規代理店サイト

NURO光 正規代理店サイト


※キャンペーンがそれぞれ異なるので比べてみて下さい。

NURO光 料金一覧(一例)
戸建て 集合住宅
NURO 光(2Gbps) 月額4,743円(2年間契約) 月額1,900円(2年間契約)
NURO 光 10G ※1 月額3,980円(2年間契約)※2 月額3,980円(2年間契約)※2,3
NURO 光 10Gs ※1 月額5,743円(3年間契約) 月額5,743円(3年間契約)
NURO 光 6Gs ※1 月額5,243円(3年間契約) 月額5,243円(3年間契約)

※1・・・NURO 光 10G(下り:最大10Gbps/上り速度:最大2.5Gbps)NURO 光 10Gs(下り/上り速度:最大10Gbps)NURO 光 6Gs(下り/上り速度:最大6Gbps)。
※2・・・1年目の料金。2年目は月額6,480円。
※3・・・5階建て以下の集合住宅対象。

 

ドコモ光

ドコモ光はフレッツ光回線、ケーブルテレビの設備を利用しドコモが提供している光コラボのインターネットサービスです。

スマホとセットで契約すると割引になったり、映像サービスなどのオプションも様々用意されています。

ドコモでスマホを契約している方は検討してみるのもいいかもしれません。

主なプロバイダは以下にまとめています。

ドコモ光 料金一覧(一例)
戸建て 集合住宅
タイプA※1 月額5,200円(2年間契約) 月額4,000円(2年間契約)
タイプB※1 月額5,400円(2年間契約) 月額4,200円(2年間契約)
単独タイプ※2 月額5,000円(2年間契約) 月額3,800円(2年間契約)
ドコモ光ミニ 月額2,700円~月額5,700円(2年間契約)

※1・・・対応しているプロバイダが違います。詳しくはこちらからどうぞ
※2・・・別途プロバイダ申し込み、料金が必要となります。

 

SoftBank光

ソフトバンク光は通信事業者のソフトバンクがフレッツ光回線を利用し提供している光コラボのインターネットサービスです。

スマホとセットで割引になる「おうち割 光セット」、最大1Gbpsで利用ができるWi-Fi、光電話など様々なサービスを展開しています。

スマホがソフトバンクを利用している方は検討してみてもいいかもしれません。

現在、利用できるプロバイダはYahoo!BBのみとなっています。

キャンペーンサイト

Yahoo!BB 公式サイト

Softbank光 正規代理店サイト

Softbank光 正規代理店サイト

※キャンペーンがそれぞれ異なるので比べてみて下さい。

SoftBank光 料金一覧(一例)
2年自動更新プラン 5年自動更新プラン ※1
ファミリーシリーズ(戸建て) 月額5,200円 月額4,700円
マンションシリーズ(集合住宅) 月額3,800円
ファミリー・ライト(戸建てのみ) 3,900円~5,600円

※1・・・「ソフトバンク光テレビ」(テレビ伝送サービス利用料450円/月、テレビ視聴サービス利用料300円/月)のお申し込みが必要です。

 

まとめ

ここまで、一部ではありますが様々な光回線を紹介してきました。

自宅のインターネットが遅い、自宅でインターネットが使いたいという方はぜひ参考にしてみて下さい。

現在、利用している方もこれから利用される方も、検討するときに少しでも参考になればと思います。

当サイトではフリーソフト、有料ソフトも含め一覧で紹介していますのでぜひご覧になって下さい。 ↓

特集
【厳選】テレワーク(リモートワーク)で便利なソフト・ツール【仕事捗る】

テレワーク(リモートワーク)で必要なソフト・便利なツール 働き方改革の一環として導入され始め、最近では新型コロナウイルスの感染拡大により需要が急激に高まっている「テレワーク(リモー …

特集
SSLとは?SSLの仕組みとメリット

SSLとは?SSLの仕組みとメリット SSLという言葉はよく聞くけど、どんな意味なのか、どういう仕組みなのかよくわからないという方もいるかと思います。 今回は、いまいちよくわからな …

特集
おすすめVPS紹介!レンタルサーバとVPSの違いって?

VPSとは VPS(Virtual Private Server)とは、日本語に訳すと「仮想専用サーバ」となります。 1台のサーバを複数のユーザーで共有する点はレンタルサーバ(共用 …